2021年となりましたが2020高滝湖ワカサギ釣り やっとシーズンインしました!!

2021年となりましたが2020高滝湖ワカサギ釣り やっとシーズンインしました!!

前回の初釣りで書いたように、昨年10月から釣りに行けなかったワタクシ、年明け2021年に入り、やっと高滝湖ワカサギ釣り2020年シーズンインしました!!

2020年12月、シーズンインした仲間たちが高滝湖にワカサギ釣りに向かい釣果をアップするのを横目に、ワカサギ釣り行きたい!行きたい!行きたい!と夢にまでみたワカサギ釣りに、やっとのことで行けました!!

暮れに行っちゃおうか?と思いつつ、掃除やおせちの準備に、マカオの帝王輝井さんからお誘い頂いた鰻を食す会にお出かけしてしまいました。昨年鰻食べてなかったので鰻の魅力に負けたワタクシ…。

初釣りは太田屋さんと決めていたので、結局1月6日の休みに出撃!!

初釣りで一番の大物タチウオは高滝まで持っていって戸澤先生に渡して行った際、高滝に浮いてた阿部さんご夫婦が「ボート乗る?」とお誘いくださったのに「自分の道具でフルスペックで釣りしたいんです!」など生意気言って、やっと出撃。

と、前置き長いのですが、行ってきました!!

年末も高滝湖には仕事の相談でお伺いしたのですが釣りは叶わず、やっと釣りに来れた割には、朝イチからやって穂先が凍って折ったりするのも嫌だしとノンビリスタート。

が、ノンビリとはいかなかった!!

なんと、たたき台をボートに積み込むときに取っ手がこわれ、持っていたショルダーストラップがはずれ、あわや水没。

ボートと桟橋の間で、ジタバタと水に落ちたたたき台を拾い上げました。

桐素材だったのと、たたき台のなかにあったワカサギ入れに蓋をしていたのが浮力体になったのか、沈む寸前に一瞬浮いたのでした。

ここにあったキラキラする取っ手が外れて、ショルダーベルトが外れて、桟橋とボートの間に落ちたのでした。

たたき台が羽状になって、蓋代わりになっていたので中のものが出ないで濡れたくらいですみました。

以前、エレキを落としそうになって、踏ん張ったのも高滝。

ボートセッティング、気をつけねばと改めて思いました。

親子連れに見られて、ちょっと恥ずかしかったです。

で、かなり慎重にセッティング、無だな撮影もしない。

出船は9時を過ぎてました。

9時半からやっとのことでスタートフィッシング。

8分後

ワカサギ、デカい!

魚探はというと、

昨シーズンは魚探要らないんじゃない?というくらい、魚映ってなかったので(1146匹釣った時でさえ)、今回は水の汚れか魚探壊れたか?と思いましたが、どうもワカサギだったみたいです…。

時速100匹。

これ続いたら600匹いくか、しかしずっとこのままのわけがない。

この日の目標は、ワカサギ500匹にしました。

この日は、1匹掛かりが多く2丁が有利です。

たま〜に3匹掛け。

しかし、寒くて手がかじかんでワカサギを外すのもままなりません。

しかもアンカーを入れたものの、入れ方が悪く微妙にボートがズレるのでポジション直し直し、そのうえ釣りしながらやるもんだから、2丁の仕掛けが絡み合って自己お祭りまで。

3時間半で300匹。

5時間で400匹。

魚探の映りは

砂漠時々砂嵐。

気合で500いけるのか??

とにかく、砂漠になったら餌をかえて、群れに備えます。

無念…。

478匹。

しかし、シーズン初釣行で朝からトラブルにしては良かったです♡

昨シーズンがいきなり11束が良すぎた。

今年は名だたる高滝マスターの誰も10束を達成してません。

その代わりといってはなんですが、ワカサギがデカい。

これはこれで、楽しめます。

シーズン開始直後は釣れるのがこのサイズばかりだったようですが、今は交じる感じです。

家に帰って作ったのは、

ワカサギフライに、ワカサギ唐揚げ。

写真にはありませんが、ワカサギ一夜干しを焼いてマヨ七味、それにマリネです。

去年ほど通うこともできませんが、シーズン終わりまで3ヶ月、楽しくワカサギ釣りをしていきます!

今シーズンも皆さま宜しくお願いします!!