2020年SINZANKAIペア第1戦 ペア戦はどちらが釣ってもいいのです!

2020年SINZANKAIペア第1戦 ペア戦はどちらが釣ってもいいのです!

タイトルの通り、SINZANKAIペア戦はどちらが釣ったバスでもOK。

昨年2019年第1戦、ペアの相方横Gが釣って自分はノーフィッシュなのに3位になってしまった涙のお立ち台から早1年。→「SINZANKAI:2019年ペア第1戦 涙のお立ち台」

もう泣かない。1年で成長しました!

人の釣ったバスを堂々と持てる私がそこに!(そっちか…と思われそうですね。)

と言うことで、今回もノーフィッシュ。去年の高滝、片倉は釣れたのに、冬の亀山はやっぱり甘くない。

年末のおりきさわ釣行ではなんとか1本でしたが、そうは問屋が卸さない。

開催は1月12日、世間は3連休の中日の日曜。

連休は全て仕事でしたが、この日だけお休みをもらっての参戦。

今回は、絶対投げて釣れそうなタックルしか持っていきませんでした。

スピニングはダウンショット2本、ベイトはヘビダンにテキサス。

いつもの6〜7本を4本に。

前日、残業の後帰宅してから支度して眠り、4時間後起床して準備。

5時前に出発。途中ヤマザキデイリーストアでお昼を買いました。最近デイリーストアを使う率高し。ワタクシ15年前から釣りの時は、朝車の中でお赤飯のおにぎりを食べることにしていますが、最近ではデイリーのお赤飯が美味しい。以前はセブンイレブンでしたが、冷蔵ケースが効きすぎているのかご飯が固いのと味つけが薄い。しかもデイリーおにぎりは100円とお安い。他の焼たらことか昆布のおにぎりは大差ないし、であればデイリーが良いんじゃないかと。

去年は結構自分で作って持っていったのに、今年はバタバタで時間がないなかの釣行なのでコンビニ頼り。

高速で姉崎袖ケ浦まで。そこから一般道で亀山に向かいます。

湖畔の宿つばきもとへは6時半に到着。

今回もすでにボートはセッティング済。毎回すみません。

今回は、つばきもと、のむら、トキタの各ボート店からのスタート。

操船交代は、2時間、2時間、1時間半、2時間で横Gから。

横G、自らの操船でさくっと2本。

今回は、去年の第1戦や年末のエリアに行かず、下っていきました。

どこまで下るのかと思ったら本湖までは入らず。昨年からの亀山釣行では、まだトキタの岬を越えていない…。

しかし、ポイント被るかぶる。みんなポイントは把握しているから、その時の状況でどこをどう回るかでハマって運が良ければ釣れるみたいな感じか。

今回、横Gは長崎入ると思われていたけれど、あっさり下る作戦が正解で朝のうち釣ったし。

バス釣りは、探して、近づいて、投げて、釣ってとやっぱり難しいので楽しいです。ただ、ある程度数釣れないと楽しくない!になってしまうので、冬は厳しい…。

操船交代して、今度は上がりながら。

風もないのに相変わらずショボい操船の私。ラダーが有って本当に良かった。

何事もおきず、起きそうな気配もない。

そしてまたまた交代。

全然釣りの話は書いてませんね。

釣りの事は4位ということで、釣行記でるのでそちらをご覧ください。

ちなみに横G、釣ったのはベイトタックルでレッグワーム2.5インチ、シンカー5グラム。ヘビダン?になるのか?

ということで、またまた、釣ってないのに盾をいただくことに。

次の高滝はガンバル。

ちなみにキャッチの写真、えらく大きく見えますが、30センチちょっとくらいだったと思います。